オボッショーーーイ(ベンガル語で『もちろん』)

自分の人生、自分が主役
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
ラッシャヒ・クシュティア旅行7[派遣352日目]

昨日無事ダッカに戻り
今日は昼前から、任地に帰る荷物を持ちながらJICAオフィスに。

結局用事が終わったのは午後16時半。

それから
CNGでサイダバット(バスターミナル)まで行き、任地ノアカリへ。

自宅に到着したのは午後23時頃。


今回は旅の総括を。


一言で...


楽しかった。


終わり。


CANさん方式で総評。
最高☆5つ。最低☆1つ。


ラッシャヒ県

街の規模 ☆☆☆☆ ダッカ・チッタゴンには当然劣る。けど大きい。
観光度  ☆☆☆☆ マンゴー・リチュウ・シルク工場、見所たくさん。
住みやすさ ☆☆☆☆ 暑いよ。
交通の便  ☆☆☆☆☆ 市内は当然。各地方・都市間の交通も◎
総合力   ☆☆☆☆ 素晴らしい。

サッカーで例えるなら...

ドイツ

安定感に加え、ディフェンス力が違う。

代表選手:ミロスラフ・クローゼ、ミヒャエル・バラック
好きな選手:カルステン・ヤンカー、セバスチャン・ダイスラー
偉人どころ:フランツ・ベッケンバウアー、ローター・マテウス

≪最高成績≫
W杯:優勝(1954年,1974年,1990年)
ユーロ:優勝(1972年,1980年,1996年)


クシュティア県

街の規模 ☆☆☆ まーまー
観光度  ☆☆☆☆ 1番の見所はクシュティアPTI。
舗装具合 ☆☆☆☆☆ 日本並。
癒され度 ☆☆☆☆ ミドリちゃんがいるためマイナス☆1つ。
総合力  ☆☆☆☆ 街がキレイ。

サッカーで例えるなら...

デンマーク

ここ1番が強い。たまにポカするけど。

代表選手:ヨン・ダール・トマソン
好きな選手:マルティン・ヨルゲンセン
偉人どころ:ピーター・シュマイケル

≪最高成績≫
W杯:ベスト8(1998年)、ユーロ:優勝(1992年)


おまけ1



ラッシャヒJOCV3人衆。


おまけ2



怖いよ...玄ちゃん。


おまけ3



メー


おまけ4



ベンガル人風に撮影。


おまけ5



PTI通りで。どうやら知り合いらしい。

こえださんが手に持っているのはゴミ袋。



まっこんなもんかな。

ラッシャヒ・クシュティア旅行記はここまで。

| ちゅう | ラッシャヒ・クシュティア旅行 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ラッシャヒ・クシュティア旅行6[派遣351日目]

ぅおりゃぁぁぁーーーーー`д´;


そんな訳で
オートリキシャに乗ってます。

いやー
風が気持ちいい◎




1時間近くかけ到着。




ここがタゴールの家。

同期2人もしっかり写っとります。

こえださんが地元のベンガル人から聞いた話だと
タゴールはアジア初のノーベル賞受賞者。だから世界中の人達がここを訪れるとの事。


外国人なんて一切見なかったけどね。


タゴールの家



今回は門が閉まっていたため、門の外から撮影。

通常時は
外国人料金100tk(110円)を払って、中に入る事が出来ます。

ベンガル人は10tk(11円)。


敷地内1



船です。

船。

どうするんでしょう?


自分の考えだと
超大洪水の時にこれで逃げるんでしょう。用意がいいです。

素晴らしい。100点。


いやそれか
夜中に空を飛ぶのかも???


敷地内2



敷地内に手動の観覧車。
その他に馬が1匹。乗馬が出来ます。

池の周りには出店があるので、水・チャナチュールが買えますよ ̄о ̄;


そんな訳で



乗ってみました。自分はこの反対側にいます。

予想以上に早い。




いやー経験してみるもんです。

案外オモシロいかも。1度で十分だけど・・・

1人10tk(10円)支払い終了。


敷地内3



タゴールの家と敷地内を管理しているオフィス。




外のトイレが汚いため&施錠していたため、ここでトイレを借りました。

快く貸してくれましたよ@v@゛

ついでに
日本人が来たら、トイレ貸してあげてね。とも言っときました。ィェイ!!


もちろん快く了承。


再び1時間近くかけ、元の場所へ。




相変わらず舗装されてます。


ここでTシャツを購入。
   ↓
バス停近くでトルカリを食べる。
   ↓
ダッカ行きのバス来る。
   ↓
14:15 ダッカ行き 会社名:SYAMOLI 料金:300tk
   ↓
20:00 ガプトリ・バスターミナル到着(ダッカ)
   ↓
21:00 CNGでボナニに到着。150tk(165円)

飯食って、ハウスに帰って来ました。ほぃ。


こえださん。
3日間お世話頂き、ありがとうございます。

そうそう
HOTELさえこは、ビール類を持って行けば無料で泊れますよ@Α@゛

| ちゅう | ラッシャヒ・クシュティア旅行 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ラッシャヒ・クシュティア旅行5[派遣351日目]

ラッシャヒ・クシュティア旅行最終日。

昨日と同じように
朝一番、クシュティアPTIに到着。

教員室



ここがこえださんの席。

元気です◎


あっ



偉人です。偉人。

アッラーより偉いですよ。

きっと

でも少し痩せた方がイイですね。




PTIの生徒から花を貰う。

ずっと持っている訳にもいかないので・・・




こんな感じにしておきました。ィェイ。

まーありがとよ




PTIの生徒達。じゃまた

| ちゅう | ラッシャヒ・クシュティア旅行 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ラッシャヒ・クシュティア旅行4[派遣350日目]

今回はお土産の話

吟遊詩人のお墓があり、吟遊詩人の集うところ


ラロンシャ


観光名所というだけあってお土産屋も立ち並ぶ。



お土産屋は
ラロンシャ内にはなく、ラロンシャの外(周辺)に。

道の両脇に
ズラッとではなく、サラっと。そんな感じ。温泉街にあるお店が幾つか。


そんな訳で
人気お土産上位3位までを紹介。


第3位



さかなくん


今までの購入者数1人。
自分のお気に入りは、赤い魚の後ろにある魚。目がイイよね。目が。



第2位



山本さん


買った人にしか、この良さが分らない。
お店ではなかなか見つけにくいので、もし見つけたらあなたは強運。


第1位




থলি

ベンガル語で“トリ”と発音します。


最高級品バック。

こえださんも
写真の通り驚いております。もう買うしかない。


ちなみに
同期のゆかりんがバックを購入。

当初店員に
バックの値段を聞いたところ...500tk(550円)と言われる。
『えっ?』と思ったので、違う店で聞いたところ180tk(200円)。

そんな事があった訳です。要するにボッタくり。
物置にしてもバックにしても購入する時は、同じ品を何軒か聞いてから購入しましょう。


これ大事です !!


まーゆかりんの購入したバックは、写真と違うものですけど。

| ちゅう | ラッシャヒ・クシュティア旅行 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ラッシャヒ・クシュティア旅行3[派遣350日目]

昨日の夜
オートリキシャでこえださん宅に向かっている途中の事。

何故か分らないが日本にいるような感覚に。

まるで渋谷区の住宅街。
そうクシュティアは・・・日本だった!!

豊玉クラスの家で1日過ごし、こえださんの配属先へ。


クシュティアPTI(9:10)



クシュティアPTIの正門。


正門に書かれている P T I の文字。


バランスが変だな〜@д@゛

ここら辺はバングラ。というかバングラ。


朝の時間(9:35)



ゴミ拾いを行った後、朝の体操。


やっぱ朝、
体操するのは気持ち良い。ノアカリ帰ったらやろうかな



授業の様子



はっ




ほっ




よっ


PTIの食堂



ここでご飯を頂き、再びこえださんの授業へ。


その後は...



はい。

ついに来ました。

クシュティアが世界に誇る観光名所の1つ。


ラロンシャ


吟遊詩人のお墓があり、吟遊詩人の集う場所。




こんな感じ。

左下に写っている人に注目。只今掃除中。




その後、吟遊詩人に早変わり。


本来ならば
今日は演奏しない予定でしたが、自分たちのために急遽演奏してくれました。

3,4曲ぐらいでしたが、聴く価値はあります。
予想していた以上に、『聞いて良かった』と思うんじゃないでしょうか!?


演奏中...まさかの出来事が


なんと


ショブジさんが登場。通称ミドリちゃん。


クシュティアに来たら1度は会っておきたい。


連絡が取れないでいたが、
なぜかここでバッタリと出会う。しかも午後20時には帰りたいという事も知っている。


何故知っているんだ?


そんな訳で
チップを100tk(110円)渡した後、ミドリちゃんと行動。

行き先はミドリちゃんのおじいちゃん家。


オートリキシャに乗る事1時間。


向かう途中の風景に癒されつつも


ミドリちゃんの事を
少しだけ、うっとおしいと思いながらも


少しだけ...


到着。


18:40



後々気付いたが
自分が写真を撮った中で、唯一ミドリちゃんが写っている写真。


さらに同い歳というのが発覚。


19:20



なんも見えねぇ〜


打ち合わせ通り
今日中に帰らなきゃいけない事を伝え、ミドリちゃんのおじいちゃん家を去る。


その後...

本日2度目のまさかの出来事が発生


予想された予想外の出来事が !!!!!!!!



なんか意味分んないけど、そんな感じ。


先の見えないゴールに向かいひたすら歩く。


運が良かったのかは分らないが
50分近く歩いたところで、オートリキシャのような乗り物に乗る。


結局こえださん宅に到着したのは確か...午後10時前。


恐らくあの時乗っていなかったら、
最低でも2時間近く歩いていた事だろうに


全く今日
本当に帰るつもりだったら、マジで危なかったじゃねぇか


にしてもそうめんは美味しかった◎


さすがは

HOTELさえこ


豊玉クラスだけのことはある。


そう言えば
ホタルってベンガル語で何て言うんだっけ? 忘れてしまった

| ちゅう | ラッシャヒ・クシュティア旅行 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ラッシャヒ・クシュティア旅行2[派遣349日目]

今日の目的地はプティヤ。

そんな訳で朝から出発。

ラッシャヒ駅前(9:25)



ここからプティヤへは、ローカル・バスで1時間程。


プティヤ(10:45)



ここプティヤには
今日中にクシュティアへの移動を考えると1時間ぐらいしか滞在出来ない。

流れでバンガリに乗って、プティヤを観光。




こんな風景。


ベンガル人版時任三郎



自分らが乗っているバンガリの後ろに着いて来たバンガリワラ。

自分の足にブツけんでね。


兄弟



あー

それにしても暑い。水の携帯は必須。


通り沿い。



なんとプティヤ観光は30分程度で終了。

タイミング良くバスに乗り、
再び1時間近くかけラッシャヒへ。帰りは20tk(22円)。


それにしてもプティヤって...
ラッシャヒ県とクシュティア県の間にあったとは!?
※プティヤに行く途中、プティヤがある場所を知る。

なんてこった((汗))


明日はホルタルなため
最終バスがどこも早い時間に終了。

自分らが乗るバス(ジョソール行き)も午後14時20分が最終。


やっぱり
クシュティア行きはSYAMOLI(バス会社)がイイよね。


そんな訳で
大雨の中無事、クシュティアに到着。


その後
こえださん(同期)宅のレベルの高さに驚くのでした。


何て言うのか・・・


そう


豊玉クラス


AA

| ちゅう | ラッシャヒ・クシュティア旅行 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ラッシャヒ・クシュティア旅行1[派遣348日目]

2日の夜
元気モリモリに中華を食べ、エアポート・ステーションへ。


今回はバングラ西部の旅。


初めてバングラで電車に乗ったのだが・・・


これが凄まじかった。


指定席の意味無いじゃん。


駅は物乞いの人で溢れてるし。


電車に乗るなら1等車。


でも隊員のブログ観てると、1等車でも厄介そうだな。


5:20



無事ラッシャヒ駅へ到着。


車内はだいぶキツかったが、
電車が予定時刻にエアポート駅を出発したのと予定通りラッシャヒ駅に到着したのは救いだったかも。


早朝、駅に到着してもする事が無い。


どうしようか考えてたら
同期が任地の隊員に電話。そしたら繋がる。家に行く。


まさかの道の通りで
待ってくれているパターンで、あっさりと隊員宅に到着。


なんだ
このスムーズさは!!


11:00



隊員宅で休ませて貰った後、元隊員が関わっているNGOのオヌスタンへ。


バングラ版マツコ



腕の太さが尋常じゃありません。

自分の腕の太さの4倍はあります。ボブサップみたいです。


オヌスタンを切り上げ、再び隊員宅へ。

少しして
今回の最大の目的であるリチュウ狩りに出発。
※リチュウ:ライチ


13:50



待ち合わせ場所。

サークルの真ん中には、マンゴーのモニュメントが。

ここラッシャヒ県は
バングラ国内でも非常に暑く、マンゴーとリチュウの産地で有名。


14:10



隊員と合流後、リチュウ園へ。


14:15



こんなに赤々と。


14:16



この方はつかみかさんですね。同い歳。今日はマンゴーカラーなのだとか!?

まっ今日は
マンゴー狩りじゃなくて、リチュウ狩りですけどね。


リチュウ狩りをガッツリ堪能した後、シルク工場の見学。

そこで
シルクのパンジャビとネクタイを購入。合計で2,000tk(2,200円)。


18:30



キャッスルさん案内の元、有名(?)な場所に到着。

えっと...

ここどこだっけ???


18:40



この方がキャッスルさん。

いやー
ラッシャヒ隊員3名の方には、大変お世話になりました。

今度ノアカリに来た際は、バッチリ案内しますんで!!!!!!!!


けど...


行くとこねぇ〜>д<;

| ちゅう | ラッシャヒ・クシュティア旅行 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ