オボッショーーーイ(ベンガル語で『もちろん』)

自分の人生、自分が主役
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
ベール[派遣675日目]

バングラデシュ国での生活も
残り55日と差し迫ってきた今日この頃。正直、もう2ヵ月もありません。

帰国日まで55日ですよ。

55日

任地での活動&生活も、実質1ヵ月ちょい。
何だか、帰国日が近づくにつれ、言い表しようのない寂しさを感じてます。

写真1

この前、買ってきた野菜達。

写真2

この食材、知ってますか?

写真3

名前:ベール
値段:20〜30tk(20〜30円)

正直、どうやって調理するのか、分かりません。
※皮というか、殻(周りの部分)の部分は、めちゃめちゃ硬い。包丁で思いっきし叩いて、やっと切れ目が出来る。そこから、中身を毟(むし)る。

未だに、全く持って、謎の食材。
日本名で、何という野菜なのか?それとも果物?

写真4

最終形態。

新隊員の方が、悪戦苦闘してました。
ベンガル人に聞きながら、なかなか頑張ってましたね〜

自分は、ただただ、眺めているだけでしたけど。。

味は...敢えて、言いません。
皆さん、是非、お試しを。なかなかのめんどくささかと思われます。

ベンガル人によると
『これ(ベール)は、風邪を引いた時に飲むと、非常に体に良い。』との事。

昨日、頑張った新隊員も、今日は、風邪でダウン。

ベールを飲むかと聞いたところ...

『要らない!! と、きっぱり断られました。

アッラー|゚Д゚)))|゚Д゚)))

| ちゅう | 果物 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
Papaya[派遣490日目]

果物の話。
もしかしたら、野菜の話になるのかも。

Papaya(パパイヤ)の事を

ベンガル語で...


পেঁপে(ペペ)


と呼びます。


さて、ここでぺぺ(パパイヤ)について

分類:パパイヤ科パパイヤ属
原産:中南米
別名:木瓜(モクカ)、乳瓜(チチウリ)
栄養:βカロテン、葉酸、ビタミンC、マグネシウム等
歴史:日本には、明治時代に外国からもたらされる。

輸入国:フィリピン82%、アメリカ18%
総輸入量:2,779t
総輸入額:約6億5,000万円(2010年版)

参考までに、
近年、パパイヤの輸入量は減少傾向。
2001年の総輸入量6,900t。金額ベースで約20億円。なので、約6~7割減少。


日本におけるパパイヤの産地等(2008年版)
1位沖縄県76.6t(47%)
2位宮崎県52.9t(33%)
3位鹿児島県31.8t(20%)

日本の総出荷量161t


詳しくは下記URL
 ↓
http://bn.wikipedia.org/wiki/%E0%A6%AA%E0%A7%87%E0%A6%81%E0%A6%AA%E0%A7%87


まーベンガル語ですけどね。しかも、詳しく書いてない。笑。


先日、ペペ(パパイヤ)を購入。



1個50tk。日本円で50円。
日本で考えれば、全然、安いでしょう。ちなみにバングラ産。




切ってみるとこんな状態。




種はありませんでした。品種改良したものかな?




盛ってみると、こんな感じ。


さてさてこのペペ(パパイヤ)ですが、
当然、一人で一度に食べられる訳もなく、残りは冷蔵庫へ。


すると、これがくさい。


くさいというか...独特の臭いを出してきます。


ぅわー
冷蔵庫の中、マジで臭うわ〜


食べたのは初めてではないけど、
実際、自分で購入して食べるのは初めて。

こんなのだとは、知らなかった。
ネットには、レモンを絞って食べると良い。と記載。

ホントにその通り。


でも、美味しい

| ちゅう | 果物 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
派遣68日目

バングラデシュに来た6月下旬頃は
どこの店先でもアム(マンゴー)を見かける事が出来たのだが ・ ・ ・


8月中旬ぐらいから
店先でアム(マンゴー)の姿を段々と見かけなくなってきました。




この写真は
つい先日撮った写真なのですが、
アム(マンゴー)が店の中に置かれています。





少し前までは
『アム(マンゴー)しかないんじゃないのか?』と思ってしまう程
どこの店先にもアム(マンゴー)が一面に並んでいましたが
今ではどこの店先にもアペル(リンゴ)が一面に並んでいます。



加えて台頭してきたのが、ナシパティ(梨)です。
ここ最近、店先に並ぶようになってきました。

日本の梨と比べると味の差はありますが、
食べると『あぁ〜、まさしく梨だ』と感じますよ ^ о ^ ;

ちなみにナシパティ(梨)1個の値段は
重さにもよりますが、30tk(39円)前後ぐらいですかね。










路上で商売している野菜屋です。

ここにも季節の移り変わりを感じる野菜があります。

さて、どれでしょ〜う?(笑)







 ・

 ・ ・

 ・ ・ ・ 正解は、写真中央にある『キャベツ』です。



キャベツもつい先日まで
店先では全く見かける事の無かった野菜です。

この出始めた時期は“小ぶり”なものばかりなのですが、
月が経つにつれ“大きい”キャベツが出てくるそうです。









季節の移ろいを感じた瞬間でした。

| ちゅう | 果物 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
アナル
 アナル

この写真にある食べ物は、トマトではありません。



『アナル』という果物です。


そもそも
これは『アナル』という名前の果物なのかも疑問ですが!?


まー
ベンガル人がそう言ってたので、『アナル』なんでしょ〜う。



昨日買ったのですが、
だいたい20〜30tk(26〜39円)ぐらいの値段です。






さっそく、
今朝食べようと思って、袋から取り出したのですが



まず
どこを切ればいいのか分らない?



なので ・ ・ ・

アナルの断面?


上の方を試しに切ってみました。






『何という事でしょ〜う@о@』




期待はずれな光景が広がってるではありませんか




赤い部分を
少し食べてみたのですが、食えたものじゃない。


アナルの断面?



金太郎飴か




と、思いながら切っていましたね〜










ほんと
おいしくないんだけど




これは
皮を食べるのかなと思い、とりあえずかじってみたけど ・ ・ ・




これも違う








果物屋のベンガル人が『おいしい。おいしい。』と、言っていたはずなのだが








食べ方が違うのかな〜



『ゆでる』とか?





いや、ないな。







最終的に捨てました。



ゴメンナサイ ´ _  ` ;





追記(2010/8/5)

私の活動しているオフィスの人に聞きましたら、
大きいサイズが『アナル』
小さいサイズが『ダリム』だそうです。

この写真にあるサイズは、小さいサイズだそうなので『ダリム』です。
そのオフィスのベンガル人に聞くと、とてもおいしいと言っていました。私は捨てましたけど
| ちゅう | 果物 | 11:43 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
マンゴー
 かぶりつく少女

この写真は
EPIの活動で村の接種所に行ったときに撮った写真です。



食べているのは
ベンガル人が誰でも好きなアム(マンゴー)です。





相当、かぶりついてますね〜



『どんだけ好きなんだよ


その後も
ずっとアム(マンゴー)を両手で離すもんかというぐらい力強く握っていましたね ≪ ^ о ^ ≫












ちなみに
私はアム(マンゴー)がそんなに好きではありません




食べられないという訳ではないのですが



残念ですね〜私。。。 ̄_ ̄






タイトル『マンゴー 銑』と紹介してきましたが、アパトト シェシ (とりあえず、終わり。)





最後に果物に関する小ネタを一つ。


『食べ合わせ』というものがあると思います。

もちろんご存知ですよね?



バングラデシュでも
その『食べ合わせ』というものがあるんですね〜これが



バングラデシュで有名な『食べ合わせ』が




『アナロッシュ(パイナップル)とドゥド(牛乳)を一緒に口にすると死ぬ。』




という事だそうです。

ん?

と、思うかもしれません。

思うというか、当然おかしいと思いますよね(笑)



でも、
バングラデシュ人は真面目に言ってきます。

『なぜ?』と聞いても

まともな答えが返ってきません。




改めて、
バングラデシュ人は真面目に言ってきます。


小ネタの小ネタでした。


以上
| ちゅう | 果物 | 00:45 | comments(4) | trackbacks(0) | - | -
マンゴー

バングラデシュの果物の値段について


現時点で
私が把握している果物の値段を書いてみました。



果物の名前
ベンガル語(日本語)     個数tkベース(円換算ベース)

アム(マンゴー)        1個30〜60tk(45〜80円)
アペル(リンゴ)        1個20tk(26円)
コムラレブ(オレンジ)    1個20tk(26円)
ペヤラ(グァバ)        1個5tk(6〜7円)
アングール(ぶどう)     1個50tk〜200tk(65〜260円)
アナロッシュ(パイナップル)1個50~100tk(65~130円)
カタール(ジャックフルーツ)1個100〜200tk(130〜260円)
コラ(バナナ)         4個10tk(13円)



というような感じですね。
注1)今の季節、お店に売られている果物はこれだけではありませんので・・・
注2)スーパーで売られている果物は、また少し値段が高くなっていると思います。
注3)季節によって、値段が変わると思います。



なにせ
まだ来て1カ月なので・・・中途半端な表現で申し訳ない




バングラデシュに来た際は、参考にして下さい。


マンゴーの重さを計っています


この写真は
私がアム(マンゴー)を1個買った時に撮った写真です。




この秤(はかり)に乗せて、値段を決めています。

どうやら、
重い方が高いのです。



ちなみに
他の果物を買う時は、一緒に計らず別々に分けて計測しています。


その時に
重りも変えたりなんだりしているようなのだが・・・



いまいち、
よく分りません


何か分りましたら、また報告致します。




ジャックフルーツ



この写真は
カタール(ジャックフルーツ)です。



バングラデシュではよく見かけるのですが、日本ではね〜



改めて、
これがベンガル語でカタール。日本でジャックフルーツと呼ばれる果物です。

おいしいらしいとの事。
加えて、
いっぱい食べ過ぎるとお腹を壊すそうです。




バザール(野菜)


果物だけではないですよ。

野菜も売っておりますので・・・






朝、写真を撮ったように思えますが

これは午後5時頃に撮ったものです。




というような感じです。

果物特集第一弾まだ続く...と思うよ ^ ^

| ちゅう | 果物 | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
マンゴー
 果物屋その1


バングラデシュでは、

只今の季節、マンゴーが旬です。

 

 

 

バングラデシュの首都ダッカより南に位置するノアカリという地でも

 

どこの果物屋の店先には

必ずマンゴーが並んでいます。



 

upした写真を見ても分かるとおり、ほとんどがマンゴーです。



 

他にある果物は

リンゴ、オレンジ、ブドウと言ったところでしょうか!?

(これらは輸入品らしいとの事。現段階で“・・・らしい”程度の情報です。)

 



不思議なことに・・・

 

どの果物屋も

似たような果物しか置いてありません。

(中にはマンゴーだけというところも)

 

 


さらに
こういった果物屋には
なぜかバナナが売っていないのです。

 




『なぜか?』は分らない




バナナは
食料品を
取り扱っている店先で吊るしてあるところで買ったり、

たまに道端でバナナ屋がいるのでそこで買ったりします。

 

他にも

グァバやジャックフルーツといった果物もなぜか別になっています。

(今が旬なのかは分からない。)

 

※ちなみにスーパーは、別に関係ないで

 



果物屋一つ題材にしても『なぜ?』と疑問に感じる事がたくさんあります。

 

色々、
調べていくとオモシロいかもしれないですね〜 ̄v ̄;

 

 

 

果物屋特集第一弾続く・・・

特集でもないけど(笑)

| ちゅう | 果物 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ